>  
  >  
悲しみなのか、それとも哀しみなのか

お知らせ

悲しみなのか、それとも哀しみなのか

2017.8.15

2001年の8月の暑い日。

天祖神社に生まれたばかりの猫が捨てられていた。

 

 

ひょんなことから、一緒に暮らすことになった。

雨の日も、晴れの日も、曇りの日も、どんな日も人生の相棒だった。

 

 

16年半の時が経ち、辛い別れの時がきた。

 

 

悲しみなのか、それとも哀しみなのか

 

 

ありがとう。もっと一緒に居てやりたかった。

 

乗り越えるのではなく、大切に抱いて生きていこうと思った。

 

201707-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック